クリニックからの最新情報

新型コロナウイルス感染症流行にあたって

厚生労働省からの医療機関への指導に従い、当院では感染症拡大防止のため

全ての患者様を対象にマスク着用のうえ診療

標準予防策(感染症の有無にかかわらず体液・分泌液・排泄物・粘膜を感染の可能性のある物質とみなして対応、病院内感染の危険性を減少させる)徹底

・一般診療の患者様と新型コロナウイルス感染症が否定できない患者様の接触を防止するため診療や待機場所を分ける

対応を行っております。一般診療の患者様と上記感染症の可能性が否定できない患者様が同一の空間にいないようにしております。通常より待ち時間が発生する場合がありますが、何卒ご了承ください。


なお受診前に「帰国者・接触者相談センター」へ相談を要する症状の目安は、

①発熱や風邪の症状が続く(解熱剤を使用している場合も同様)※特に4日以上の持続は連絡必須

息苦しさ(呼吸困難)や強いだるさ(倦怠感)、高熱のいずれかがある

が周知されており、重症化の可能性が高い65歳以上の高齢者、糖尿病・心不全・呼吸器疾患(COPD, 慢性閉塞性肺疾患等)の基礎疾患がある方、透析患者、免疫抑制剤・抗がん剤使用者、妊婦は発熱や咳などの軽い風邪の症状がある場合となっております(5月8日付けで改訂)。

 

現在、新型コロナウイルス感染症の診断は感染症指定医療機関で、鼻咽頭ぬぐい液を採取して核酸増幅検査(PCR検査)を行いウイルスのRNAの存在をもって診断します。

当院を含めた一般医療機関では行っておりません。

「帰国者・接触者外来」を紹介され検査が必要と判断されれば行政検査としてPCR検査を行います。なお陽性であった場合は感染症指定医療機関に入院しますが、軽症者は自宅あるいは借り上げ施設で療養・経過観察となります。

 

宮城県では、新型コロナウイルス感染症に関する健康相談窓口を設置しています。「帰国者・接触者相談センター」への問い合わせ前に連絡ください。

電話番号 022-211-3883, 022-211-2882 (24時間受付)

FAX       022-211-3192

E-mail   sodan-corona@pref.miyagi.lg.jp

(FAX / E-mailは聴覚や言語に障がいがある方専用)



通院が困難あるいは不安を感じておられる患者様へ
病気や怪我、加齢による変化などで通院が困難になる患者様がいらっしゃいます。当院では訪問医療を行っております。定期診察として訪問診療、急な病状変化に対して往診いたします。「今は通院可能でも今後が不安、通院が難しくなっても住み慣れた自宅で療養したい」など、お困りの方は是非ご相談ください。かかりつけ医として外来通院から必要時、訪問診療への移行にも対応しております。


花粉症患者様へ
スギの非飛散時期(6月~12月)には長期寛解を目的としたスギ花粉に対しての舌下免疫療法導入も行っております。ハウスダスト(ダニ)を対象とした舌下免疫療法は随時導入しております。


健診で異常を指摘された方へ
血圧・血糖・コレステロール・尿酸高値など、いわゆる生活習慣病を指摘され不安に感じておられる方もいらっしゃるかと思います。適切に治療を行えば、必ずしも恐ろしい病気ではありません是非ご相談ください、最適な治療方法を提案させて頂きます。


2種類の肺炎球菌ワクチンについて(成人用)

現在、日本では2種類の肺炎球菌ワクチン(「ニューモバックス」と「プレベナー」)が接種可能です。「ニューモバックス」は5年ごとに、「プレベナー」は生涯で1接種します。

65歳以上の方すべてに「ニューモバックス」接種をお勧めいたします特に呼吸器・循環器疾患などの基礎疾患をお持ちの方に両方の接種をお勧めいたします


 接種の順番(両方接種の場合)

①これまで「ニューモバックス」を接種したことがある方

「ニューモバックス」の接種から1年以上間隔をあけて「プレベナー」半年以上あけて、「ニューモバックス」の初回接種から5年後に「ニューモバックス」を再接種可能

②これまで「プレベナー」を接種したことがある方

「プレベナー」の接種から半年以上間隔をあけて「ニューモバックス」(次回5年後に再接種可能)

③両方の接種歴がない方

「プレベナー」半年以上間隔をあけて「ニューモバックス」(次回5年後に再接種可能)


接種費用の補助が受けられるのは「ニューモバックス」のみで、初回接種の場合に限定されます(過去にその接種歴がある方は対象外で、初回補助を受けた方も2回目以降の補助はありません)接種する年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳以上になる方が対象です。

仙台市にお住まいの方は当該年度に通知が郵送されます。自己負担金は5000です。当院で接種をご希望の場合は区役所の家庭健康課にお問い合わせ頂くと、窓口あるいは郵送で「予診票・個人票」が発行されます。それを御持参ください。

富谷市にお住まいの方は、自己負担金4000です。当該年度に「予診票・個人票」が郵送されます。



各種ワクチンについて
<任意接種(成人含)として>
・水痘(帯状疱疹)ワクチン             8,000円
・麻疹・風疹ワクチン(MR)           10,000円
・A型肝炎ワクチン                                 6,000円
・B型肝炎ワクチン                                 5,000円
・肺炎球菌ワクチン (ニューモバックス)      8,000円
          (プレベナー)     10,000円

・おたふくワクチン               5,000円
・ロタワクチン                15,000円
※ロタワクチンは2020年10月1日から定期接種化(2020年8月生まれ以降の乳児から)

<定期接種として>
ヒブワクチン、肺炎球菌ワクチン、日本脳炎ワクチン、B型肝炎ワクチン、肺炎球菌ワクチン、二種混合ワクチン、三種混合ワクチン、四種混合ワクチン、不活化ポリオワクチン

の接種を行っております。いずれも予約制ですので受付またはお電話でお問い合わせくだい。


休日当番医について
令和2年7月5日(日)
休日当番医を担当いたします。


開業から半年が経過いたしました
令和元年10月1日の開業から早いもので半年が経過いたしました。有り難いことに、非常に多くの患者様に来院頂きました。
高血圧症や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病、気管支喘息や花粉症、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患の治療について提案させて頂く機会が多いのですが、適切な治療継続の重要性を実感しております。
日々の生活が病気で邪魔されることが無いように、微力ながらお手伝いさせて頂きます。今後ともよろしくお願いいたします。

当クリニックの特徴

地域住民の方々が健やかに暮らせる事・
健やかな老後を送れる事を
最大の活動内容としています。

「体にやさしい医療空間を」をコンセプトに、地元宮城の工務店に建築を依頼しました。
化学物質や環境・省エネに配慮した建物になっております。
来院された患者様が少しでも安楽に過ごして頂ける様に当クリニックスタッフ一同対応いたします。

血液検査、レントゲン検査のほか頚動脈・腹部・心臓超音波検査、動脈硬化度及び血管年齢検査、呼吸機能検査、骨密度検査、心電図、24時間心電図、各種アレルギー検査を行っております。
各種ワクチン接種も行っております。

診療時間

診療時間
8:30
~
12:30
14:30
~
18:00
- -
  • 休診日:水曜午後・土曜午後・日祝日
  • ※受付時間は午前午後とも
    診療終了15分前までです。